後継者不足の廃業天然温泉を利活用した軽度介護認定者向けの短時間デイサービスの運営事業「米寿温泉デイサービス運営事業ファンド」ロケットファンドを通じた資金調達を3月7日に開始

~青森県八戸市の地元企業が “社会課題解決型の介護サービス” に挑む!事業投資型(ファンド型)クラウドファンディング「ロケットファンド」2号案件として募集開始

日本全国の挑戦企業を支援する株式会社ロケットメイカーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:八田浩)は、Rocket Fund(ロケットファンド)第2号案件として「株式会社テルメディ(本社:青森県八戸市、代表者:髙橋巧)(以下「テルメディ社」)」の天然温泉を利用した軽度介護認定者向けの短時間デイサービス運営事業の募集を3月7日(月)より開始いたします。

詳細はこちら:https://rocket-fund.jp/fund/detail/story/Wpj-Pqm-Ct51cyea_kJy_w==

 

天然温泉を利用した軽度介護者向けの短時間デイサービスの運営事業「米寿温泉デイサービス運営事業ファンド」


●ファンド情報サマリー

申込受付期間 2022年3月7日~2022年3月18日
払込期間 2022年3月22日~2022年3月29日
会計期間 2022年3月30日~2025年3月31日
目標募集金額 10,000,000円
成立下限金額 8,000,000円
申込単位 100,000円(1口)単位
目標利率(税引前) 5.27%

テルメディ社は、地域の温泉施設を有効活用した軽度介護認定者向けデイサービス事業(通所介護サービス事業)を展開していきます。

ビジネスモデルは、後継者不足や経営難によって廃業、もしくは廃業を検討している温泉施設を賃借し、軽度介護認定者向けデイサービスとしてリノベーションすることで収益化を実現していくというものです。その過程でさまざまな社会的課題を複合的に解決しつつ、最終的に持続可能性を持つ地域の介護予防拠点として機能させていきます。

 

●収益構造は?
利用者がデイサービスに支払う利用料および国・自治体から支払われる保険料を収益とします。最初の温泉施設となる米寿温泉のケースでは、当社が温泉施設側に施設利用料を支払います。そのほか、人件費や光熱費など経費を除いた額がテルメディの収益となります。

 

●ターゲットは「要支援・要介護1の軽度介護認定者」、コンセプトは「短時間利用の天然温泉デイサービス」

既存のデイサービス事業の多くは、「要介護2以上がメインターゲット」「1回の利用時間が長く、レクリエーションプログラムの多くは女性向け」という特徴を持っています。

一方、本事業では、「要支援、要介護1の軽度介護認定者をターゲット」にし、「短時間」かつ、「温泉」というハードを強みとして、業界内に不足している軽度介護認定者向けデイサービスを主に提供していきます。高齢者が軽度の介護度の段階から気軽かつ満足できる介護サービスの仕組みを拡充することで、未病や健康年齢の増進を実現していくことが目標です。

●想定マーケットは米寿温泉圏内の軽度介護認定者「約2000人」。その後、青森県の同認定者「約3万3300人」へアプローチする構想

本事業が当面のターゲットと想定しているのは、最初の拠点となる温泉施設・米寿温泉圏内の「要支援1〜2」また「要介護1」に該当する軽度介護認定者・約2000人の利用を見込んでいます。そして、ゆくゆくは拠点を増やし、青森県内の軽度介護認定者・約3万3300人までアプローチしたいと考えています。

青森県内の軽度介護認定者(約3万3300人)の介護保険市場に適用される保険料の上限額は約55億円* となっています。全国規模ではそれぞれ、約300万人、約5500億円** にのぼります。

【* 】【** 】
自治体・政府発行資料を基に八戸東和薬品にて試算

詳細はこちら:https://rocket-fund.jp/fund/detail/story/Wpj-Pqm-Ct51cyea_kJy_w==

 

【テルメディ代表 髙橋巧のコメント】

■ロケットファンドを選んだ理由
昨年ロケットメイカーズ代表の八田様と初めてお会いした際に、我々の計画していた温泉デイサービス事業の概要をご説明させて頂き、八田様に事業性、社会性などを非常に評価して頂いた所から私たちとロケットメイカーズ様とのお付き合いがスタートしました。

一般的な会社への投資では無く、事業成功のためのパートナーとしてロケットメイカーズの皆様が持っている様々なノウハウや、成功のためのヒントを得られると言うのは、事業立ち上げ段階の私たちにとって非常に大きな財産となっています。

また、事業スタート後も事業計画達成、それ以上の成果を出すために継続的にご支援頂けると言う点でも非常にありがたく、一緒に事業を育てて行けると感じられるのがロケットファンド最大の魅力だと思っております。

■投資家の皆様へ
私たちは社会課題をビジネスの力で解決する、と言う思いのもと日々事業に取り組んでおります。今回取り組む社会課題として「高齢化」「事業承継」「介護の働き手不足」を掲げております。私たちの住んでいる青森県は短命県、既に3つの町で高齢化率が50%を超えるなど高齢化が急激に進んでいる全国でも有数の課題先進県であると考えています。また、ビジネスの領域においても中小企業の1/3は後継者不在の状況で、このままこれらの会社が廃業すると2025年までに650万人の雇用、22兆円のGDPが失われると言われております。
最後に介護の働き手が不足していると言う問題に関してはこちらも2025年までに32万人の介護人材を更に確保しなければならないと厚生労働省が2021年に発表しております。

今回の温泉を利活用した通所介護施設は
・高齢者の健康寿命延伸に寄与し、重度化防止により介護保険料の削減に繋がる
・廃業温泉と言う一つの地域資源、事業を利活用し新たな経済的価値を生み出す
・残業無し、身体負担無し、と言う働きやすい環境で介護の働き手を確保する
少なくともこれらの課題を解決する事が出来ると考えております。

更に私たちが最も重視している事として「選択肢を増やす」と言う事があります。
今回の事業は
・一日型じゃない、半日で温泉に通う気分で気軽に行けるデイサービスと言う選択肢
・温泉、銭湯の廃業では無く賃貸、売却による不動産として利用する選択肢
・子育てをしながら、介護未経験でも働ける環境があると言う選択肢
など、非常に多くの選択肢を提供出来る事業になっております。

これからの日本は非常に多くの課題に直面する事になっていく事が容易に想像出来ます。今はまだ一つの事業所ではありますが、弊社の事業所が成功事例、参考となる事でこのような取り組みが広まっていけば大きな社会的インパクトを出す事も出来るのでは無いかと考えております。これらの考え、想いに賛同して頂き、応援して頂けるのであればこれ以上の喜びはありません。是非、応援の程宜しくお願い致します。

 

【ロケットメイカーズ代表 八田浩のコメント】

■2号案件「米寿温泉デイサービス運営事業」への想い
テルメディが目指す課題解決へのアプローチは
「利用者とその家族・働く人・地域・温泉事業者、すべてのステークホルダー幸福度を高める軽度介護認定者向け温泉デイサービスで介護エコシステムを豊かにする」
というものです。
この解決策には一番最初に聞いた時から感銘を受けました。特に、髙橋社長が掲げている「5方よし」(自社、介護施設利用者、利用者の家族、廃業した温泉、介護従事者)という概念は地域の介護エコシステムのハブになる可能性を秘めていると思います。
当社としても本ファンドを通じて共に進んでいきたいと思っております。

■投資家の皆様へ
米寿温泉デイサービス運営事業の最大の強みである「温泉を活かしたデイサービス」は要支援+介護認定1という比較的軽度な介護認定を受けた方を潜在顧客としています。潜在的な利用者は約2000人おり、また、施設利用を促進するケアマネージャーは約100名〜150名いると推定しています。
テルメディの営業チームは既にそのケアマネージャーの大多数の皆さまに直接ヒアリングをしております。また、2月に実施した内覧会には約70名が参加していただくことができました。
短時間、天然温泉、買い物サポート、という基本サービスは事前のヒアリングでは高評価をいただくことが多く、営業開始から多くの利用者の皆さまをご案内することが可能だと判断いたしました。
本事業を通じて社会課題の解決に繋げたい、と思っています。
何卒、よろしくお願いいたします。

 

【ファンド概要】

詳細はこちら:https://rocket-fund.jp/fund/detail/story/Wpj-Pqm-Ct51cyea_kJy_w==

 

【投資家登録に関して】
本案件応募をするには事前に投資家登録をする必要があり、口座開設等に3営業日程頂いております。まずは、投資家登録を行って頂けますと幸いです。

▼投資家登録はこちらから(3分で完了!登録無料)
https://rocket-fund.jp


※手数料等及びリスク情報について
当社のサービスにおける取扱商品の手数料及びリスク等は、当社のホームページで表示しております「手数料およびリスクについて(https://rocket-fund.jp/home/risk)」の内容と、プロジェクト毎の契約締結前交付書面の内容をご確認ください。投資にあたっては、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。

【事業の達成度合いにより分配額が変動する「事業投資型クラウドファンディング」とは】
事業投資型(ファンド型)クラウドファンディングとは、特定の事業に対して匿名組合を通じて一般の投資家がオンラインで投資できる仕組みです。基本的な仕組みは寄付・購入型のクラウドファンディングと同じですが、リターンが金銭となり、その事業の達成度合い(売上高)に応じて分配金が支払われます。他の金融型クラウドファンディングとの違いは「事業計画の達成度合いによって分配や償還額が変動する」という点です。そのため、元本を毀損する可能性がある反面、事業が大きく成長すれば高い分配金を出すことが可能になります。

【資金調達ではなく新規事業成功がゴール。事業自体の魅力度で投資して欲しい】
ロケットファンドの最終目標は、挑戦企業の資金調達を成功させることではなく、新規事業を成功させて企業を成長させること、同時に投資家にその利益を還元することです。残念ながら「社長のやる気を投資家に伝えて応援してもらう」だけでは足らず、新規事業は結果的に失敗に終わり投資家への還元もできない場合が多くあります。

挑戦企業の新規事業計画が達成しない理由は、新規開拓における営業力の低さが大きいと感じています。また自社の目に見えない資産を正確に認識していないことが多いため、様々な角度から「隠れた資産」を炙り出し、可視化することで事業計画の精度を上げていきます。そこでロケットメイカーズは「クラウド営業部長」として営業力をサポートし、売上を作り出すことにより事業計画達成を能動的にフォローします。

審査チームにより、徹底的に「なぜこの事業がうまくいくのか?」をブレイクダウン。売上計画、ビジネスモデルの可視化など、ありとあらゆる調査に基づく事業計画を作って投資家の皆様に開示することにより、応援だけではなく「事業自体の魅力度」を伝え投資してもらうことを目指しています。その事業計画を投資家皆様の厳しい目で評価して頂き、投資して頂きたいと思います。日本には素晴らしい挑戦企業がたくさん眠っています。皆様からの投資が日本を支える挑戦企業の成長を後押しします。

本報道発表文は、ロケットファンドの第2号案件の決定を一般に公表するための文書であり、投資勧誘を目的として作成されたものではありません。

【会社概要】

商号  :株式会社ロケットメイカーズ
代表者 :代表取締役社長 八田浩
設立  :2019年8月27日
事業内容:資金調達支援、物流・販路開拓支援、受託開発・プロデュース・コンサルティング
第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3269号
加入 一般社団法人第二種金融商品取引業協会

企業サイト
https://www.rocket-makers.co.jp
サービスサイト
https://rocket-fund.jp

【本件に関する報道関係者様からのお問合せ先】
株式会社ロケットメイカーズ 広報部(本間)
Email:info@rocket-makers.co.jp

 

▼ ロケットファンドの詳細はこちら

ロケットファンドロゴ

 

Contactお問い合わせ

当社および当社サービスに関するお問い合わせは、下記フォームよりお願いいたします。


    団体様名必須
    ご担当者様名必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    お問い合わせ項目必須
    お問い合わせ内容

    株式会社ロケットメイカーズ
    代表取締役社長 八田 浩

    株式会社ロケットメイカーズ(以下、「当社」といいます。)では、個人情報の取扱いにおいて、個人の人格尊重の理念の下に慎重に取扱われるべきものであることに鑑み適正な取扱いを図ること、及び、個人情報の有用性に配慮しつつ個人の権利利益を保護することを目的とし、個人情報の保護に努めております。このページでは、当社が皆様からいただく情報、情報の使い方及び公開についての事項が掲載されています。この個人情報保護方針を必ずお読みになって、充分ご理解していただきますようお願いいたします。

    1.個人情報の取得
    当社では、当社がインターネットサイトなどにおいて、皆様からのお問い合わせに回答したり、よりよいサービスを提供するために、皆様の個人情報(氏名、住所、メールアドレス、パスワードなど個人を特定できる情報、家族構成や趣味、嗜好などの属性情報)をいただく場合があります。

    当社では、CookieやIPアドレスなどの情報を収集する場合もあります。しかしながら、それらは単独では特定の個人を識別することはできません。Cookie は、同じホームページを何度も訪問するユーザーについて、個人を識別することなく特定するためのテキストファイルで、現在、多数のホームページで一般的に使用されています。当社では、広告効果(広告が閲覧された件数及び広告を閲覧した皆様のうち、実際に商品やサービスを購入した皆様の人数等)を測定する目的、皆様のニーズや関心に合わせた情報を提供する目的のために、 Cookie を使用しております。

    2.個人情報の利用
    当社では、皆様からいただいた個人情報を、下記の目的に利用いたします。

    皆様のニーズに合わせたサービスの提供
    皆様の請求された資料や情報の送付及び送付に際してのご本人確認
    サービスをご利用いただいた特定の皆様に対する、当該サービスの改善のためのモニタリング
    3.のモニタリングの集計結果のフィードバック等
    以上

    当社では、皆様の承諾を得ることなく、個別に公表された利用目的の範囲を超えて個人情報の取扱(目的外利用)を行わないよう適切な管理ルールを適用いたします。目的外利用を行うこととなる場合、又は利用目的を変更する場合、当社は、予め皆様へ通知し同意を得ることといたします。

    当社は、他の事業者から委託された業務(他の事業者のホームページの運用管理等)の実施のため、他の事業者が取得した個人情報を取得する場合があります。この場合、委託された当該業務の実施に必要となる範囲でのみ、当該個人情報を利用します。

    3.個人情報の提供
    当社は、以下の場合を除いて個人情報を第三者に提供することはいたしません。

    本人の同意がある場合。
    特定した利用目的の達成に必要な範囲内において、個人情報を保護するために必要な契約を締結している第三者に対して、個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合。
    公的機関からの法令に基づく照会等による場合。
    人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合。
    公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合。
    国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることが当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合。
    個人情報の利用にて述べた目的の中で、当社内に限り、個人情報の利用をする場合
    4.個人情報の取扱いに関する法令遵守
    当社は、個人情報の取扱いにあたって、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守いたします。

    5.個人情報の安全管理
    当社は、個人情報の取扱いにおいて、全ての役員及び従業員に対して教育を徹底し、個人情報を正確かつ最新の状態で管理し、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失又はき損(紛失、破壊、改ざん等を含む)を防止するため、厳正な管理の下で安全管理措置を講じるとともに継続的に見直しを行い、是正、改善に努めます。

    当社では、皆様からのお問い合わせにおいて知りえた情報(特にID・パスワードなど)が、万が一第三者の知るところとなった場合、当該情報は、第三者によって不正にアクセスされたり、不正に利用されるおそれがあります。ID ・パスワードのような情報を第三者に開示したり、共有することは絶対に避けて下さいますようお願いいたします。皆様ご自身の故意・過失によって生じたいかなる損害、紛争などに対しても、当社では責任を負いかねますので、その旨ご理解下さい。

    当社では、皆様のコンピュータの設定、不具合などによって生じた情報の漏洩に対して、補償いたしませんので、あらかじめご了承下さい。

    6.個人情報に関する問合せ
    皆様が自己の個人情報について、個人情報の保護に関する法律に基づく個人情報の開示、訂正、追加又は削除、利用の停止又は消去を求める場合は、当社所定の届出書の所定欄に必要事項をご記入の上、末尾記載の連絡先宛書面にてご提出いただく必要がございます。

    なお、個人情報開示等の手続きにあたっては、届出書をご提出していただきました後、速やかに対応させていただきます。当社の定める方法で本人確認をさせていただく場合があること、届出書のご提出に係る費用は皆様のご負担となること、届出書をご提出頂いてからご請求に係る措置を完了するまでに所定の手数料をいただく場合がございますことにつき、あらかじめご了承下さい。当社は、本人確認をさせていただいたうえ、指定された電子メールアドレス宛にご回答いたします。

    開示等の求めに関する受付方法の詳細は、末尾記載の連絡先宛お問い合わせ下さい。

    7.個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
    当社は、個人情報の適切な保護を維持するために、個人情報保護マネジメントシステムを運用して行く上で、監査報告や運用状況の報告、苦情及び相談等の外部からの意見、個人情報の取扱いに関する法令や国が定める指針その他の規範の改正、社会情勢や国民の認識の変化、技術の進歩などの諸環境の変化、当社の事業領域・経営状況の変化、社内外からの改善提案などにより、見直しを加え、個人情報保護マネジメントシステムを時代の要請に合うよう継続的に改善してまいります。

    当社は、皆様の事前の承諾を得ることなく、随時この個人情報保護方針の内容を変更することができるものとします。変更後の内容を当社がこの HP 上で掲示した時点で、変更後の内容が適用されるものとします。

    8.属性情報・端末情報・位置情報・行動履歴等の取得及び利用について
    ・属性情報・端末情報・位置情報・行動履歴等(以下「行動履歴等」といいます)のうちCookie等について

    当社は、ユーザーのプライバシーの保護、利便性の向上、広告の配信および統計データの取得のため、Cookieを使用します。また、CookieやJavaScript等の技術を利用して、ご提供いただいた情報のうち、年齢や性別、職業、居住地域など個人が特定できない属性情報(組み合わせることによっても個人が特定できないものに限られます)や端末情報、本サービスサイト内におけるユーザーの行動履歴(アクセスしたURL、コンテンツ、参照順等)およびスマートフォン等利用時の、ユーザーの承諾・申込みに基づく位置情報を取得することがあります。ただし、Cookie及び行動履歴等には個人情報は一切含まれません。

    ・行動履歴等のうち以下の場合のアクセスログ等について

    当社はユーザーがログインして本サービスを利用した場合には、個人を特定したうえで、当該ログイン以前からの行動履歴等を用いて、広告・コンテンツ等の配信・表示および本サービスの提供をする場合があります。こちらの広告等の配信停止については、下記の個人情報管理の問い合わせ先にご連絡ください。

    9.その他
    この個人情報保護方針の準拠法は日本法とします。また、この個人情報保護方針に関連して当社と皆様の間で生じた紛争については東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。
    この個人情報保護方針は、日本語に基づき解釈されます。この個人情報保護方針が、他の言語に翻訳され、日本語による個人情報保護方針とその他の言語による翻訳版の間に相違がある場合には、日本語による記述があらゆる点について優先するものとします。
    以上

    制定 2019年9月1日

    開示等、苦情及び相談対応受付窓口
    株式会社ロケットメイカーズ  代表取締役社長 八田 浩
    〒102-0083 東京都千代田区麹町2-10-3

    E-MAIL:info@rocket-makers.co.jp

    上記プライバシーポリシーに同意頂ける場合は

    「同意する」にチェックを付け「入力内容の確認」ボタンをクリックしてください。