くじらキャピタル代表取締役社長 竹内真二 前編:資本×デジタル×中小企業 くじらキャピタル創業前

くじらキャピタル代表取締役社長 竹内真二 前編:資本×デジタル×中小企業 くじらキャピタル創業前

竹内さんとの出会い~4期連続赤字企業の再建者~

八田:竹内さんが金融機関のご出身ということは知っているのですが、なぜ今のくじらキャピタルに至るのか、これまでのことを少しずつ伺わせてください。出会った時は株式会社アイ・エム・ジェイ(以降IMJ)のCFOをやられていましたよね。

竹内:はい。当時、仲間と立ち上げたブティックのM&Aアドバイザーの会社をやっていて、その仕事の縁で「IMJの建て直しを手伝ってくれ」という話をもらったのがきっかけでした。当時のIMJは上場していましたが、4期連続最終赤字でうち1期は営業赤字、直近年度も過年度決算修正を余儀なくされたり、という状況でした。そんなIMJを非上場化して、建て直しを図ることが当初の私のミッションでした。2012年6月の株主総会で取締役に選任され、公開買付と並んで最初にやった仕事の一つがリストラと事業部の整理です。

その中の1案件の売却でお会いしたのが、当時まだオプト様にいた八田さんとの最初の接点でした。

八田:確か案件終了後、赤坂で会食しましたよね。

竹内:はい。私は「事業売却」という仕事を一手に担っていましたので、とにかく高値で良い条件で売ることに注力し、パシパシと冷たく事務的にやっていました。ただ、従業員の人生に関わることなので、そこだけは相当真摯に向き合ったつもりです。それでも、プロセスとしてはかなり厳しくやりましたので、それなりに買い手側からは大変だったと思います。あの会食は売却後のクロージングディナーで、M&Aの世界では、答え合わせ的な話もあるじゃないですか。あの時本当はこうだったんですよ、とか。その席で、「売却の打診があった時、ちょうどその話をオプト社内でした後だったので、どこか社内に盗聴器がついているんじゃないかと思いました(笑)」と八田さんに言われたのを覚えています。そんな良いタイミングだったので話が進んだのだなー、と。

八田:竹内さんの第一印象は、IMJのプロパーの方でもなく、事業側でもなく、何か毛色が違うな、と思っていました。

竹内:確かに、再建という立場で、私が唯一の外部から来た人間でしたから。

一連托生で最後までやる。全財産をかけた企業再建。

八田:その後に、IMJを売却されました。社長は結局どれくらいやられたのですか?

竹内:社長は合計3年間、IMJ売却後も2年間やりました。就任当初は本当に悲惨な状況でした。利益がどうやっても出ないという状況でした。ただ、IMJの中に入る以上は自分もリスクを背負って資本を入れたいと思い、公開買付用ビークルにその時の全財産をぶち込みました。

八田:すぐぶち込まれますよね(笑)。

竹内:そうです(笑)。その直前に全財産を無くして大変だったにもかかわらず、ちょっと小銭入ったら、すぐに勝負してしまいました。

時系列でいうと、

  • 2012年春 非上場化を手伝ってくれという打診
  • 2012年6月 取締役CFOに就任、IMJ入社
  • 2012年8月 非上場化の公開買付を実施
  • 2015年 代表取締役に就任
  • 2016年 アクセンチュアに売却
  • 2018年 退任

その時はもう一蓮托生で最後までやります、という気持ちで「全財産賭けます」と言いました。当初は非上場化のお手伝いだけで、IMJの役員に就任する予定はなかったのですが、やると決めたら中途半端はかっこ悪いじゃないですか。結構な額を出しました。ただ、中の人たちのコミットは非常に微妙で、その日の帰り道に「なんで部外者の俺だけが、いきなり来て、こんなにやるんだっけ?なんで俺だけ全財産賭けるんだっけ?」と、さすがに居たたまれない気持ちになって、やっぱりやめようかなと思ったのを覚えています。

八田:中の人達がそのままだと協力してくれない可能性があるってことですよね

竹内:そうですね。それは最後までそうでした。当時のIMJの問題で言うと、皆の当事者意識が薄く、常に外部の誰かがやってくれるもの、という感覚が根強くありました。

何か変えようとしても、それは今までのやり方と違うという感じで、強烈な抵抗というより斜に構えて動かない、という印象でした。

八田:最初は再上場を目指していたのですか。

竹内:そうです。完全に再上場を目指すためにやっていました。膿を出し切って、ビジネスモデルを変えて、再上場しようと準備をしていた時にアクセンチュアさんからオファーがありました。売却は2016年の春です。

それから2年間は、すっごい真面目にP M Iをやりました。そして、私の仕事も「立て直す」という意味では、もう終わったので、2018年に退任しました。

八田:なるほど。結局、最初にMBOするときに、手金を入れたのは、成功?失敗どちらだったのですか?

竹内:経済的には大成功でした。それがあるから今のくじらもあり、私自身もあり、抱えていた借金も全部クリアにした上、楽しくやらせてもらえて、投資家としての自信もつきました。ですので、実質一号ファンドと呼んでいます。

八田:超ハンズオンファンドですよね。

竹内:はい。ハンズオンどころか、完全、当事者そのものになっていますから、それは凄い大きかったです。

経営判断を要するまでになったデジタルの重要性

経営判断を要するまでになったデジタルの重要性

八田:IMJ入社前までは、仕事としてウェブマーケティングはやられていましたか?

竹内:まったくやっていませんでした。

実際、当初は、デジタルは本当にわかりませんでしたが、勉強して6年もやれば大体分かるので、ディテールはともかく、判断ができる程度になったので、このことはすごく大きかったです。

八田:なるほど。外から見ていると、立て直す人だったはずなのに、思ったより長くやっているなっていう印象がありました。

竹内:そうですね、はい。

八田:I M J時代の後半は、どんどん竹内さんって何考えてるだろうなってことが気になってきていました。しかも、気づいたら、いきなり地方創生について語り出している。

竹内:IMJで学んだことで言うと、やっぱり社長の力はでかいな、ということです。

会社を良くするのも、悪くするのも、社長一人変わるとすごく変わるから、社長という人は凄く大事だな、と思っています。

社長に恵まれなくて苦しんでいる会社を私は見ているので、その大変さを知っています。社員やその家族にしわよせがいくわけです。具体的に言うと、会社の利益が出ない。だから給料上がらない。昇給昇格できない。人を増やせず、むしろ減らしている。だから、ポジションが増えず、部長になれない。部長のポジションが限られているから、椅子取りゲームになり、足を引っ張りあう。評価制度も、相対評価と称して下に下にボーナスが行くような制度設計にする。そうなると、とにかくもう疲弊して、停滞感でいっぱいなんです。従業員が疲弊すると家族も辛いし、取引先も叩くし、社長が無能だとみんな大変というのが得た気づきです。いや分かってはいましたが、具体的に見ると、それが実体験として刻み込まれました。

竹内:あとはやはりデジタルの凄さというのを見ました。

八田さんも、元々は証券会社ですよね?そこからデジタルに行った時、やはり驚いたことがいっぱいあるのではないかと思います。私も多分似たようなことを思っていて、全然知らなかったデジタルの世界では、こんなことが起きてるのか、と。

IMJはもともと巨大なweb制作会社です。当初、お客さんは会社のパンフレットをデジタル化するような総務系の部署が、その流れでIMJに発注してくれていました。それが、デジタルはもっと大事だよね、と言うことで今度はそのデジタル系の部署、あるいはシステム、あるいはマーケティングみたいな形で、徐々に格が上がってくるんですね。お客さんの中で、発注してくる部署の格が上がっていって、2012年から2018年にかけては、それが部長を超えて、執行役員や経営マターになってくるわけです。私がいた6年間だけで見ても、明確に応対する人のレベルが上がってきました。昔は新年の挨拶行ったって、私達が行けるのはせいぜいIT本部長でしたが、今はお客さんの、COO や副社長とかには行けるわけです。上場企業とか、大手百貨店とか、航空会社とか。IT、デジタルというものが、もの凄く社会的地位の上がり方をしてるんです。そういうことを目の当たりにして、この凄さをちゃんと理解しないと、今、2020年ですが、これからの世の中、業績改善なんかできるはずがないということを、肌感覚でわかったってことです。

当たり前ですが、今の世の中ではデジタル以上に大事な顧客接点なんてないんです。みんなスマホで見て検索して、検索で引っかからなかったら、世の中に無いと思い、検索して表示されないものは、世の中に存在するとは誰も思いません。

自分がクライアントの社長でデジタルと店舗どっちに投資しますかといったら、9:1でデジタルに投資します。

それ位の経営マターなんです。そういうことが肌感覚で、分かったという感じです。

八田:営業とか行かれていたのですか?

竹内:結構、行ってました。好きだったのと、やっぱりお客さんと繋がってないと本当のことがわからなくなる。それが嫌でした。

八田:現場に行かない人は結構多いと思います。

竹内:どうせ竹内なんて、金融出身で現場のこと分からないから、と最初のうち社員は思っていたと思いますよ。だから「俺も行きたい」って言って、かなり一緒に行きました。大事なプレゼンは私も喋るし。足を引っ張らないどころか、絶対貢献してやるから!という感じで回っていたら、現場のことが本当によくわかりました。

八田:現場に行くと分かりますよね。特に2012年から2018年、この6年間って、大手企業にデジタルが広がった時期でした。

竹内:そうですね。デジタルが経営アジェンダに急速に移り変わった6年でした。また、技術的にも色々とそろってきた時期なので、デジタルが営業支援だけではなく、実業、売上を上げることに貢献できるツール群が急速に増えていました。データも揃い始め、実行手段が凄く増えたというのもあると思います。それを大企業も採り入れ、実際に業績にプラスのインパクトがあることが分かったので、ものすごい勢いでクラウド系のツール、営業、売上を上げるツールという風にシフトしていったなぁって感じですよね。

会社情報COMPANY

会社名株式会社ロケットメイカーズ
Rocket Makers Inc.
創業2019年9月1日
代表者代表取締役社長 八田浩
代表取締役副社長 大和田 要

経営陣紹介 >
住所〒102-0083 東京都千代田区麹町2-10-3
事業内容地方、中小・ベンチャー企業の新規事業支援
お問い合わせinfo@rocket-makers.co.jp

お問い合わせCONTACT

当社および当社サービスに関するお問い合わせは、下記フォームよりお願いいたします。


団体様名必須
ご担当者様名必須
メールアドレス必須
電話番号必須
お問い合わせ項目
お問い合わせ内容

株式会社ロケットメイカーズ
代表取締役社長 八田 浩

株式会社ロケットメイカーズ(以下、「当社」といいます。)では、個人情報の取扱いにおいて、個人の人格尊重の理念の下に慎重に取扱われるべきものであることに鑑み適正な取扱いを図ること、及び、個人情報の有用性に配慮しつつ個人の権利利益を保護することを目的とし、個人情報の保護に努めております。このページでは、当社が皆様からいただく情報、情報の使い方及び公開についての事項が掲載されています。この個人情報保護方針を必ずお読みになって、充分ご理解していただきますようお願いいたします。

1.個人情報の取得
当社では、当社がインターネットサイトなどにおいて、皆様からのお問い合わせに回答したり、よりよいサービスを提供するために、皆様の個人情報(氏名、住所、メールアドレス、パスワードなど個人を特定できる情報、家族構成や趣味、嗜好などの属性情報)をいただく場合があります。

当社では、CookieやIPアドレスなどの情報を収集する場合もあります。しかしながら、それらは単独では特定の個人を識別することはできません。Cookie は、同じホームページを何度も訪問するユーザーについて、個人を識別することなく特定するためのテキストファイルで、現在、多数のホームページで一般的に使用されています。当社では、広告効果(広告が閲覧された件数及び広告を閲覧した皆様のうち、実際に商品やサービスを購入した皆様の人数等)を測定する目的、皆様のニーズや関心に合わせた情報を提供する目的のために、 Cookie を使用しております。

2.個人情報の利用
当社では、皆様からいただいた個人情報を、下記の目的に利用いたします。

皆様のニーズに合わせたサービスの提供
皆様の請求された資料や情報の送付及び送付に際してのご本人確認
サービスをご利用いただいた特定の皆様に対する、当該サービスの改善のためのモニタリング
3.のモニタリングの集計結果のフィードバック等
以上

当社では、皆様の承諾を得ることなく、個別に公表された利用目的の範囲を超えて個人情報の取扱(目的外利用)を行わないよう適切な管理ルールを適用いたします。目的外利用を行うこととなる場合、又は利用目的を変更する場合、当社は、予め皆様へ通知し同意を得ることといたします。

当社は、他の事業者から委託された業務(他の事業者のホームページの運用管理等)の実施のため、他の事業者が取得した個人情報を取得する場合があります。この場合、委託された当該業務の実施に必要となる範囲でのみ、当該個人情報を利用します。

3.個人情報の提供
当社は、以下の場合を除いて個人情報を第三者に提供することはいたしません。

本人の同意がある場合。
特定した利用目的の達成に必要な範囲内において、個人情報を保護するために必要な契約を締結している第三者に対して、個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合。
公的機関からの法令に基づく照会等による場合。
人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合。
公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合。
国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることが当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合。
個人情報の利用にて述べた目的の中で、当社内に限り、個人情報の利用をする場合
4.個人情報の取扱いに関する法令遵守
当社は、個人情報の取扱いにあたって、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守いたします。

5.個人情報の安全管理
当社は、個人情報の取扱いにおいて、全ての役員及び従業員に対して教育を徹底し、個人情報を正確かつ最新の状態で管理し、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失又はき損(紛失、破壊、改ざん等を含む)を防止するため、厳正な管理の下で安全管理措置を講じるとともに継続的に見直しを行い、是正、改善に努めます。

当社では、皆様からのお問い合わせにおいて知りえた情報(特にID・パスワードなど)が、万が一第三者の知るところとなった場合、当該情報は、第三者によって不正にアクセスされたり、不正に利用されるおそれがあります。ID ・パスワードのような情報を第三者に開示したり、共有することは絶対に避けて下さいますようお願いいたします。皆様ご自身の故意・過失によって生じたいかなる損害、紛争などに対しても、当社では責任を負いかねますので、その旨ご理解下さい。

当社では、皆様のコンピュータの設定、不具合などによって生じた情報の漏洩に対して、補償いたしませんので、あらかじめご了承下さい。

6.個人情報に関する問合せ
皆様が自己の個人情報について、個人情報の保護に関する法律に基づく個人情報の開示、訂正、追加又は削除、利用の停止又は消去を求める場合は、当社所定の届出書の所定欄に必要事項をご記入の上、末尾記載の連絡先宛書面にてご提出いただく必要がございます。

なお、個人情報開示等の手続きにあたっては、届出書をご提出していただきました後、速やかに対応させていただきます。当社の定める方法で本人確認をさせていただく場合があること、届出書のご提出に係る費用は皆様のご負担となること、届出書をご提出頂いてからご請求に係る措置を完了するまでに所定の手数料をいただく場合がございますことにつき、あらかじめご了承下さい。当社は、本人確認をさせていただいたうえ、指定された電子メールアドレス宛にご回答いたします。

開示等の求めに関する受付方法の詳細は、末尾記載の連絡先宛お問い合わせ下さい。

7.個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、個人情報の適切な保護を維持するために、個人情報保護マネジメントシステムを運用して行く上で、監査報告や運用状況の報告、苦情及び相談等の外部からの意見、個人情報の取扱いに関する法令や国が定める指針その他の規範の改正、社会情勢や国民の認識の変化、技術の進歩などの諸環境の変化、当社の事業領域・経営状況の変化、社内外からの改善提案などにより、見直しを加え、個人情報保護マネジメントシステムを時代の要請に合うよう継続的に改善してまいります。

当社は、皆様の事前の承諾を得ることなく、随時この個人情報保護方針の内容を変更することができるものとします。変更後の内容を当社がこの HP 上で掲示した時点で、変更後の内容が適用されるものとします。

8.属性情報・端末情報・位置情報・行動履歴等の取得及び利用について
・属性情報・端末情報・位置情報・行動履歴等(以下「行動履歴等」といいます)のうちCookie等について

当社は、ユーザーのプライバシーの保護、利便性の向上、広告の配信および統計データの取得のため、Cookieを使用します。また、CookieやJavaScript等の技術を利用して、ご提供いただいた情報のうち、年齢や性別、職業、居住地域など個人が特定できない属性情報(組み合わせることによっても個人が特定できないものに限られます)や端末情報、本サービスサイト内におけるユーザーの行動履歴(アクセスしたURL、コンテンツ、参照順等)およびスマートフォン等利用時の、ユーザーの承諾・申込みに基づく位置情報を取得することがあります。ただし、Cookie及び行動履歴等には個人情報は一切含まれません。

・行動履歴等のうち以下の場合のアクセスログ等について

当社はユーザーがログインして本サービスを利用した場合には、個人を特定したうえで、当該ログイン以前からの行動履歴等を用いて、広告・コンテンツ等の配信・表示および本サービスの提供をする場合があります。こちらの広告等の配信停止については、下記の個人情報管理の問い合わせ先にご連絡ください。

9.その他
この個人情報保護方針の準拠法は日本法とします。また、この個人情報保護方針に関連して当社と皆様の間で生じた紛争については東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。
この個人情報保護方針は、日本語に基づき解釈されます。この個人情報保護方針が、他の言語に翻訳され、日本語による個人情報保護方針とその他の言語による翻訳版の間に相違がある場合には、日本語による記述があらゆる点について優先するものとします。
以上

制定 2019年9月1日

開示等、苦情及び相談対応受付窓口
株式会社ロケットメイカーズ  代表取締役社長 大和田要
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-10-3

E-MAIL:info@rocket-makers.co.jp

上記プライバシーポリシーに同意頂ける場合は

「同意する」にチェックを付け「入力内容の確認」ボタンをクリックしてください。