【代表挨拶】初めまして、ロケットメイカーズ代表の八田です。

 

2021年9月、
事業投資型クラウドファンディング
「ロケットファンド」が始動します。

 

初めまして、株式会社ロケットメイカーズ社長の八田です。

私は、2001年東海東京証券(現東海東京フィナンシャルホールディングス)で社会人をスタートし、2004年から株式会社オプト(現デジタルホールディングス)に入社。ネットベンチャーの業容拡大に際して、電通との資本提携、ソフトバンクとのJV設立、動画配信システム会社の買収を実現し、これらの企業で事業責任者や経営者として「マーケティング」「システム開発」「メディアビジネス」など、デジタルビジネスの事業成長に携わってきました。

その過程で数多くの新規事業を自社だけでなく、アライアンス企業や顧客企業とともに立ち上げ、事業投資・M&A・PMIなどを経験。この時に「企業の持続的成⻑には、新しい販路と用途開発が必要」という確信に至り、挑戦企業にリスクマネーとマーケティングを提供し、多くの企業の新規事業成⻑に貢献するべく当社を設立しました。

 

なぜ「事業投資型クラウドファンディング」をやるのか?

中小企業は資金調達と売り上げ拡大についての悩みが多く、またここに課題があります。私自身はインターネット専門のマーケティング会社で14年キャリアを積んできて、前半は顧客企業のマーケティング支援、後半は新規事業をたくさん立ち上げてきたので、売上の拡大手法が「再現性を高めること」だと答えが出ていました。このノウハウを活かし、挑戦企業が資金調達しやすくなる手助けをすることが、我々ロケットファンドがまさにやりたいことと言えます。

 

営業力の強化が、資金調達のカギを握る。

スタートアップ企業であれば資金調達の手段は「増資」もあり得ますが、約300万社もある大多数の企業にとっては「借り入れ」が圧倒的に多くなります。「増資」「借入」どちらの場合でも問われるのは、なんのための資金なのか、その計画は達成されるのか、です。
元々クラウドファンディングには「事業への共感」という思いがベースにあります。ただし、共感しても事業計画の精度が低ければ誰もお金を出してくれません。
挑戦企業のビジョンに共感をする、売上拡大の支援をする、計画の達成可能性を高める、その高めた計画(事業性評価)をもとに資金を調達するには『事業投資型クラウドファンディング』が最適だという結論に至ったわけです。

 

ロケットファンドの強みとは?

通常の投資型クラウドファンディングでは案件の審査をして内容が良ければ募集開始、悪ければ募集しない、という選択肢になります。一方ロケットファンドでは、まず「投資家が応援したいと思う会社か?」という観点で企業を峻別し、通常審査の前に必ず「営業強化プロジェクト期間」を約2か月間設けます。

このプロジェクトを通じて事業計画の達成可能性を見極めることができるのがロケットファンドの強みです。資金調達希望者の営業計画を隅々まで見渡して、必要なら営業手法の見直しや計測方法の見直しまで踏み込みます。このプロセスを経て「事業性評価」に取り組みます。投資家から見た時に、この事業性評価のステップを挟むことが、プラットフォームとしての独自性を生み出し、企業やプロジェクトの信頼を構築するプロセスになっていると考えています。

 

 

営業強化プロジェクトの中身

多くの企業は、素晴らしい商品やビジネスモデルはあるけれど「誰が買うのか?」「どう売るべきか?」を上手く言語化できていないことが多いと感じます。言語化出来ない≒再現性が無い状態であり、営業活動に向き合えていないことが往々にしてあるのです。まずはここを解決し、資金調達を実現するための体制・計画の解像度を上げるのが「営業力強化プロジェクト」の役割になります。

資金がないから営業力(生産性)があがらないと嘆く経営者がいます。もちろんある意味では正しいのですが、資金と営業力は必ずしもニワトリと卵の関係ではないのです。最初の段階で、営業力や事業計画の精度を証明することに大きな資金は必要無いと我々は考えています。確かな営業計画のもと、最初の歯車が回るかどうかが重要で、資金はその後の話です。これまで営業計画の弱さが要因で、多くの挑戦企業は資金調達が出来なかったと推察しています。その社会的課題を解決していきたいと考えています。

 


●挑戦企業の選定〜募集取り扱いまでの流れ
挑戦企業(案件)選定はロケットファンド営業チームが行います。経営陣、既存の計画、運営体制、営業力など独自の基準で査定し、営業強化プロジェクトを実行する案件が決定。その後、経営・現場支援に入り、事業計画を策定。その後は審査チームが第二種金融商品取引業者としての規則に沿った審査が進められ、事業審査委員会での承認を経て、営業者の募集情報がサイトにオープンされて私募の取扱いが開始されます。

●「営業強化プロジェクト」の特長
・「クラウド営業部長」として挑戦企業の営業力をサポート。
・売上を作り出すことにフォーカスした営業計画を策定。達成に向け能動的にフォロー。
・審査チームにより、徹底的に「なぜこの事業がうまくいくのか?」をブレイクダウン。
・ビジネスモデルの可視化など、調査に基づく事業計画を作って投資家に開示し、事業の魅力度を伝える。


 

ロケットファンドのミッション

我々のミッションは『日本全国の挑戦企業をマーケティングと資金調達で支援する』です。
挑戦企業がどんな社会課題を解決しようとしているのか?その趣旨に(投資家も含めた)我々が共感できるか?を、最も重要視しています。日本には数え切れないほど多くの挑戦企業やプロジェクトがありますが、上場している大企業や株式型クラウドファンディングを除いてそこに直接投資することはできません。魅力的な挑戦企業を発掘し、営業力強化プロジェクトを通じて2か月間伴走し、投資家の目にかなうプロジェクトに育てる。それを実現するプラットフォームになるのがロケットメイカーズの使命です。

 

どんなプロジェクト(事業)を応援していくのか?

ロケットファンドは、既に候補案件を複数抱えています。予定している1号案件は、先ほどご紹介した「営業力強化プロジェクト」を既に経ており、体制・営業計画・事業計画が整って、投資家の皆様から見て “事業の確からしさを感じられる” 状態で案件が公開される予定です。

 

さいごに

日本の中小企業360万社のうち、20%の企業が「新規事業をやりたい」というニーズがあるにもかかわらず、設備投資等は伸びていないという現状があります。つまり大半の企業が、新規事業のための資金調達に苦戦しているのです。
金融機関はなぜ貸付してくれないのか?
それは明快で、営業力や事業計画に欠点があり不完全だからです。
ロケットメイカーズは、そのような挑戦企業に対して営業力強化等の支援を惜しまず、資金調達の機会をつくってまいります。

 

 

▼ ロケットファンドの詳細はこちら

ロケットファンドロゴ

 

Contactお問い合わせ

当社および当社サービスに関するお問い合わせは、下記フォームよりお願いいたします。


    団体様名必須
    ご担当者様名必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    お問い合わせ項目必須
    お問い合わせ内容

    株式会社ロケットメイカーズ
    代表取締役社長 八田 浩

    株式会社ロケットメイカーズ(以下、「当社」といいます。)では、個人情報の取扱いにおいて、個人の人格尊重の理念の下に慎重に取扱われるべきものであることに鑑み適正な取扱いを図ること、及び、個人情報の有用性に配慮しつつ個人の権利利益を保護することを目的とし、個人情報の保護に努めております。このページでは、当社が皆様からいただく情報、情報の使い方及び公開についての事項が掲載されています。この個人情報保護方針を必ずお読みになって、充分ご理解していただきますようお願いいたします。

    1.個人情報の取得
    当社では、当社がインターネットサイトなどにおいて、皆様からのお問い合わせに回答したり、よりよいサービスを提供するために、皆様の個人情報(氏名、住所、メールアドレス、パスワードなど個人を特定できる情報、家族構成や趣味、嗜好などの属性情報)をいただく場合があります。

    当社では、CookieやIPアドレスなどの情報を収集する場合もあります。しかしながら、それらは単独では特定の個人を識別することはできません。Cookie は、同じホームページを何度も訪問するユーザーについて、個人を識別することなく特定するためのテキストファイルで、現在、多数のホームページで一般的に使用されています。当社では、広告効果(広告が閲覧された件数及び広告を閲覧した皆様のうち、実際に商品やサービスを購入した皆様の人数等)を測定する目的、皆様のニーズや関心に合わせた情報を提供する目的のために、 Cookie を使用しております。

    2.個人情報の利用
    当社では、皆様からいただいた個人情報を、下記の目的に利用いたします。

    皆様のニーズに合わせたサービスの提供
    皆様の請求された資料や情報の送付及び送付に際してのご本人確認
    サービスをご利用いただいた特定の皆様に対する、当該サービスの改善のためのモニタリング
    3.のモニタリングの集計結果のフィードバック等
    以上

    当社では、皆様の承諾を得ることなく、個別に公表された利用目的の範囲を超えて個人情報の取扱(目的外利用)を行わないよう適切な管理ルールを適用いたします。目的外利用を行うこととなる場合、又は利用目的を変更する場合、当社は、予め皆様へ通知し同意を得ることといたします。

    当社は、他の事業者から委託された業務(他の事業者のホームページの運用管理等)の実施のため、他の事業者が取得した個人情報を取得する場合があります。この場合、委託された当該業務の実施に必要となる範囲でのみ、当該個人情報を利用します。

    3.個人情報の提供
    当社は、以下の場合を除いて個人情報を第三者に提供することはいたしません。

    本人の同意がある場合。
    特定した利用目的の達成に必要な範囲内において、個人情報を保護するために必要な契約を締結している第三者に対して、個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合。
    公的機関からの法令に基づく照会等による場合。
    人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合。
    公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合。
    国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることが当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合。
    個人情報の利用にて述べた目的の中で、当社内に限り、個人情報の利用をする場合
    4.個人情報の取扱いに関する法令遵守
    当社は、個人情報の取扱いにあたって、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を遵守いたします。

    5.個人情報の安全管理
    当社は、個人情報の取扱いにおいて、全ての役員及び従業員に対して教育を徹底し、個人情報を正確かつ最新の状態で管理し、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失又はき損(紛失、破壊、改ざん等を含む)を防止するため、厳正な管理の下で安全管理措置を講じるとともに継続的に見直しを行い、是正、改善に努めます。

    当社では、皆様からのお問い合わせにおいて知りえた情報(特にID・パスワードなど)が、万が一第三者の知るところとなった場合、当該情報は、第三者によって不正にアクセスされたり、不正に利用されるおそれがあります。ID ・パスワードのような情報を第三者に開示したり、共有することは絶対に避けて下さいますようお願いいたします。皆様ご自身の故意・過失によって生じたいかなる損害、紛争などに対しても、当社では責任を負いかねますので、その旨ご理解下さい。

    当社では、皆様のコンピュータの設定、不具合などによって生じた情報の漏洩に対して、補償いたしませんので、あらかじめご了承下さい。

    6.個人情報に関する問合せ
    皆様が自己の個人情報について、個人情報の保護に関する法律に基づく個人情報の開示、訂正、追加又は削除、利用の停止又は消去を求める場合は、当社所定の届出書の所定欄に必要事項をご記入の上、末尾記載の連絡先宛書面にてご提出いただく必要がございます。

    なお、個人情報開示等の手続きにあたっては、届出書をご提出していただきました後、速やかに対応させていただきます。当社の定める方法で本人確認をさせていただく場合があること、届出書のご提出に係る費用は皆様のご負担となること、届出書をご提出頂いてからご請求に係る措置を完了するまでに所定の手数料をいただく場合がございますことにつき、あらかじめご了承下さい。当社は、本人確認をさせていただいたうえ、指定された電子メールアドレス宛にご回答いたします。

    開示等の求めに関する受付方法の詳細は、末尾記載の連絡先宛お問い合わせ下さい。

    7.個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
    当社は、個人情報の適切な保護を維持するために、個人情報保護マネジメントシステムを運用して行く上で、監査報告や運用状況の報告、苦情及び相談等の外部からの意見、個人情報の取扱いに関する法令や国が定める指針その他の規範の改正、社会情勢や国民の認識の変化、技術の進歩などの諸環境の変化、当社の事業領域・経営状況の変化、社内外からの改善提案などにより、見直しを加え、個人情報保護マネジメントシステムを時代の要請に合うよう継続的に改善してまいります。

    当社は、皆様の事前の承諾を得ることなく、随時この個人情報保護方針の内容を変更することができるものとします。変更後の内容を当社がこの HP 上で掲示した時点で、変更後の内容が適用されるものとします。

    8.属性情報・端末情報・位置情報・行動履歴等の取得及び利用について
    ・属性情報・端末情報・位置情報・行動履歴等(以下「行動履歴等」といいます)のうちCookie等について

    当社は、ユーザーのプライバシーの保護、利便性の向上、広告の配信および統計データの取得のため、Cookieを使用します。また、CookieやJavaScript等の技術を利用して、ご提供いただいた情報のうち、年齢や性別、職業、居住地域など個人が特定できない属性情報(組み合わせることによっても個人が特定できないものに限られます)や端末情報、本サービスサイト内におけるユーザーの行動履歴(アクセスしたURL、コンテンツ、参照順等)およびスマートフォン等利用時の、ユーザーの承諾・申込みに基づく位置情報を取得することがあります。ただし、Cookie及び行動履歴等には個人情報は一切含まれません。

    ・行動履歴等のうち以下の場合のアクセスログ等について

    当社はユーザーがログインして本サービスを利用した場合には、個人を特定したうえで、当該ログイン以前からの行動履歴等を用いて、広告・コンテンツ等の配信・表示および本サービスの提供をする場合があります。こちらの広告等の配信停止については、下記の個人情報管理の問い合わせ先にご連絡ください。

    9.その他
    この個人情報保護方針の準拠法は日本法とします。また、この個人情報保護方針に関連して当社と皆様の間で生じた紛争については東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。
    この個人情報保護方針は、日本語に基づき解釈されます。この個人情報保護方針が、他の言語に翻訳され、日本語による個人情報保護方針とその他の言語による翻訳版の間に相違がある場合には、日本語による記述があらゆる点について優先するものとします。
    以上

    制定 2019年9月1日

    開示等、苦情及び相談対応受付窓口
    株式会社ロケットメイカーズ  代表取締役社長 八田 浩
    〒102-0083 東京都千代田区麹町2-10-3

    E-MAIL:info@rocket-makers.co.jp

    上記プライバシーポリシーに同意頂ける場合は

    「同意する」にチェックを付け「入力内容の確認」ボタンをクリックしてください。